ロゴマーク“青い鳥”

協会概要

協会概要

 社会福祉法人東京ヘレン・ケラー協会は1950年(昭和25年)に発足、同時にヘレン・ケラー学院を開校して、あんま科からはり師、きゅう師の養成へと順次拡大してきました。また、視覚障害者の情報伝達に欠くことのできない「点字」の充実をはかるため、1968年(昭和43年)に点字出版所、1974年(昭和49年)には点字図書館を開設し、視覚障害者福祉の総合施設として代表的な存在となっています。
 ヘレン・ケラー記念音楽コンクール(第50回までは全日本盲学生音楽コンクール)は協会発足以来、毎年開催し、視覚障害を持つ児童・生徒らの音楽家への登竜門の役割を果たしてきました。1982年(昭和57年)には海外盲人交流事業をスタートさせ、国際交流という時代の要請にいちはやく応えています。

最新情報

(メニュー5項目)
ヘレン・ケラー女史の2度目来日を記念し、1950年、社会福祉施設として発足
1952年に社会福祉法人として認可されました
1949年、全国盲学生音楽コンクールとして、始まりました
「健常者の支援に視覚障害者の立場から感謝を」という趣旨で、1993年に設定
協会広報誌『青い鳥』のダウンロード
当協会の活動のためにご寄付をお願いいたします

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA