ロゴマーク“青い鳥”

ヘレン・ケラー学院

学院長あいさつ

―― あなたのランプの灯をもう少し高くかかげてください。
        見えない人々の行く手を照らすために ――

 「三重苦の聖女」として知られるヘレン・ケラーの言葉です。
 ヘレン・ケラー女史は、生涯を通して3度日本を訪れています。1948(昭和23)年、敗戦で打ちひしがれている日本の人たちを励ますために、2度目の来日をして、一面焦土と化した各地を回り、講演しました。「日本は、いま新しい朝を迎えようとしています。早く立ち上がってください。私がお願いすることは、あなたのランプの灯をもう少し高くかかげてください。見えない人々の行く手を照らすために。そうすれば、目の不自由な人々にも新しい道が拓けるのです」と熱意をこめて障害者、特に視覚障害者への社会福祉を訴えたのです。感動した全国の多くの人たちから募金が集まり、その募金を基金にして、1950(昭和25)年に視覚障害者のための東京ヘレン・ケラー協会が設立されました。
 ヘレン・ケラー学院は、協会の設立と同時に視覚障害者、なかでも人生の途中で目が不自由になった中途視覚障害者が、自立した新しい人生を切り開くために、あん摩マサージ指圧師、はり師、きゅう師の養成施設として創立しました。1986(昭和61)年には専修学校としても認可されております。
 ヘレン・ケラー学院は、女史の崇高な理念を受け継ぎ、ランプの灯をかかげ続けております。中途視覚障害者の自立に向けた支援をこれからも続けてまいります。

 当学院の卒業生は、企業のヘルスキーパーや治療院などに就職しております。開業している卒業生も多くいます。創立以来の卒業生は1800人を超え、それぞれ自立の道を歩んでおります。
 学生の多くは、東京都、埼玉県、さいたま市が授業料を負担してくれる委託生制度を利用して、理論と技術を学んでいます。

 入学について、委託生制度について、学院の見学などは随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

ヘレン・ケラー学院長 三浦拓也

最新情報

(メニュー5項目)
あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師になるための学術・技術を学びます
修了または卒業すると、国家試験を受ける資格が得られます
ヘレン・ケラー学院を卒業され、現在、各方面で活躍中の方々をご紹介します
ヘレン・ケラー学院についてよくある質問
ヘレン・ケラー学院の1年
臨床実習として「あん摩」「はり」の施術をおこなっています
外部リンク:「日本視覚障害ヘルスキーパー協会」のホームページ

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA