ロゴマーク“青い鳥”

ガイドヘルパー養成研修事業

当協会研修について

 当協会が同行援護養成研修を開始して6年が経とうとしています。
 このたび、同行援護をより多くの方に理解していただくために、今回、さらに以下4パターンの研修内容の見直しを行った結果、パターン1の「同行援護一般課程+応用課程32時間:4日間研修」を、どなたにも同行援護を正しく理解していただける研修としてご案内することにしました。
 ※4パターンの詳しい内容については、それぞれのタイトルをクリックしてください

対象⇒すべてのかた

第53回より、4日目屋外演習では様々な体験をしていただくため、大幅な見直しを行いました。踏切り、らせん階段、らせんスロープ、スロープ、双方向車道で歩道の無い場所なども加わり、その対処法を学べるような充実度の高い授業になりました。

3月開催の第64回研修は、現在募集中です。まだ定員に余裕がありますので、この機会に是非お申し込みください。

第64回同行援護一般課程+応用課程(32時間)

対象⇒実務経験1年を満たせないかた
他校で「応用課程」受講の足場とするかたが多いので、非実施とします。
10月に予定していた7時間補講は中止します。

初心者が受講する場合、例外を除き、「就職に使えない課程」と判断しています

基礎、基本を忘れているかたがいるので実施しません

お問い合わせ先

東京ヘレン・ケラー協会
ガイドヘルパー養成研修事業事務局 
担当 田村
電話03-3200-0525

本文の先頭に戻る

前のページに戻る

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA