ロゴマーク“青い鳥”

ヘレン・ケラー学院

学院長あいさつ

「見えない人々の行く手を照らすために」

 ヘレン・ケラー学院は、三療(あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう)の国家資格取得を目指す視覚障害者のための養成施設・専修学校です。身体障害者福祉法が施行された1950年(昭和25)に設立されました。2020年に70周年を迎えた本学院の誕生には、その名が表すように、ヘレン・ケラー女史(1880〜1968年)と深いつながりがあります。
 世界の偉人伝に登場するヘレン・ケラー女史は、生涯を通して3度、日本を訪れました。2度目の来日は、敗戦から復興へ向かう1948年(昭和23)。約2カ月にわたって全国各地に足を運び、こう呼びかけました。
 「日本は今、新しい朝を迎えようとしています。あなたのランプの灯をもう少し高くかかげてください。見えない人々の行く手を照らすために。そうすれば、目の不自由な人々にも新しい道が拓(ひら)けるのです」
 人間愛にあふれた講演は各地で感動を呼び、身体障害者福祉法の制定を求める大きなうねりとなると同時に、本学院の設立にもつながっていったのです。

ヘレン・ケラー学院長 奥村 博史

最新情報

(メニュー5項目)
あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師になるための学術・技術を学びます
修了または卒業すると、国家試験を受ける資格が得られます
ヘレン・ケラー学院を卒業され、現在、各方面で活躍中の方々をご紹介します
ヘレン・ケラー学院についてよくある質問
ヘレン・ケラー学院の1年
臨床実習として「あん摩」「はり」の施術をおこなっています
外部リンク:「日本視覚障害ヘルスキーパー協会」のホームページ

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA