ロゴマーク“青い鳥”

ガイドヘルパー養成研修事業

1. 同行援護従業者養成研修について

【実施過程及び形式】

東京都障害者居宅介護従業者基礎研修等事業 同行援護従業者養成研修一般課程および応用課程(通学形式)

⇒一般課程(20時間)、応用課程(12時間)を連続して受講する32時間の研修です。
 一般課程・応用課程のみの研修、介護系有資格者を対象とした補講研修は実施しておりません。

一般課程・応用課程を合わせた実践的な研修 もご一読下さい。

【受講対象者】

  • 通学可能な方
  • 義務教育修了程度の日本語の読み書きや会話の能力がある方
    ※同行援護ガイドヘルパーの業務には、代読・代筆、情報提供が含まれます。
  • 歩行に耐えうる身体能力を有する方(安全確保に支障を来す恐れのある場合を除く)

※障害のある方や体調などでご配慮が必要な方はご相談ください。

【定員】

各回 36名 ※感染症対策等により、変更する場合があります。

【費用】

49,000円(テキスト代・保険料・消費税含む)

【会場】

東京ヘレン・ケラー協会 およびその周辺(新宿区内)
※屋外演習では公園や市街地にて、段差、階段、らせんスロープ等を含むさまざまな環境でのガイドを経験していただきます。

【教材】

同行援護従業者養成研修テキスト 第4版 中央法規 ほか

【カリキュラム】

講義 演習

視覚障害者(児)福祉の制度とサービス
同行援護の制度と従業者の業務
障害・疾病の理解@A
障害者(児)の心理@A
情報支援と情報提供
代筆・代読の基礎知識

同行援護の基礎知識

基本技能
応用技能
場面別基本技能
場面別応用技能

交通機関の利用
合計32時間(4日間)

※基本的に土曜・日曜を利用した4日間の研修です。

【講師】

同行援護の制度作り、テキスト作成に携わった講師陣が主に担当します。
※歩行訓練士、同行援護従業者、当事者講師、それぞれの視点と専門性を活かした指導が受けられます。
※演習時に適切なアドバイスができるように、講師資格を持つ補助講師を追加する場合があります。

【受講申し込み方法と流れ】

受講申込書に必要事項を記入の上、FAXまたは郵便、お電話にてお申し込みください。
  
受講申込書のご提出により「受講希望登録」となります。
受講料振り込みのご案内をお送りいたします。
  
入金確認後、「受講決定通知書」と研修資料をお送りいたします。

【修了証明書】

受講後、修了判定会議により修了を認定された方には、修了証明書が交付されます。

本文の先頭に戻る

前のページに戻る

Copyright 2004 Tokyo Helen Keller Association. All Rights Reserved.

THKA